2020年3月12日

Moris iha Timor🇹🇱46〜モヤモヤしている話〜

久々の投稿にも関わらず、モヤモヤしていてすみません…

日本、いえ、世界中がコロナウイルスの脅威に曝されていて

ネットなどでも日本のニュースをよく目にします。

様々なイベントや大会などが中止になり、

昨日はセンバツの中止も発表され、

患者がまだ一人も居ないこの国にいても

日本の深刻な状況が伝わってきます。

こちらでは日本人(アジア人)と言うだけで

毎日のように道端で知らない人(大人も子どもも)

「コロナ!コロナ!」と心ない言葉を投げかけてきて

腹が立ちますし悲しいですが、

日々グッと堪えて無言で通り過ぎます。

職場の同僚にまでからかわれるのですから、

もういろんな意味でがっかりです。

彼らはふざけているだけなのですが、大の大人が

軽々しくそういった行動をとる事が残念でなりません。

一刻も早く収束に向かう事を切に願っています。

 

さて、近況ですが、相変わらずです。

子ども向け番組も、いつでもスタートを切れる状況なのですが

私はそこで二の足を踏んでしまっています。

なんでかって?

 

「この番組をなんのためにやるのか?」が分からなくなったからです。

この番組をやることの妥当性が見出せなくなったからです。

 

私が考えて(アイデアを出して)

それに上司からの命令で従うスタッフたち。

「こんな風にしたい!」と

アイデアを出して、結局一人骨を折るのが自分。

 

じゃあ、これは誰のための番組なの?

 

もちろん子ども向け番組である以上

東ティモールの子どもたちの為であるのはもちろんなんですが、

私のやりたい内容は東ティモール人のニーズに合っているのか?

と言う疑問も湧いてきてしまいました。

 

彼らの好きなものが盛り込まれていない、

彼らの意志が反映されていない。

そんなものを作る事が無意味に思えてきて、

今思考が停止しています笑

 

一応上司にもプレゼンして、同じく子ども向け番組を作りたいと言う同僚と

二人三脚で始めたのですが、

なんと言っても同僚の「やらされてる感」笑

 

彼らが主体となってやれるよう再考が必要と感じています。

その話を午後からしたいと言ったのに

午後3時30分現在もまだ出社してこない同僚…

 

一人で踏ん張るのは、とても辛いです。

 

また愚痴になりますが、私の部署にはどうやら

月に250ドルほどしか予算が下りてきてないみたいなのですが(少なっ!!)

毎月毎月、仕事をしない遊びが大好きなグループが

「ロケ」と称して観光地に行く出張日当とガソリン代で

使い果たしてしまいます…

 

少ない予算を有効に使ってもっとたくさん番組作ろうよと思うし

上司にも「そんな使い方はよくないと思う。各番組で分け合って

有効に使おうよ」と話したのですが、全然響いていない様子でした、

とても悲しい。

 

明日であと7ヶ月を切ります。

 

 

最近のロケ

 

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る