2019年9月11日

瀬戸内国際芸術祭2019 シンポジウム

「瀬戸内国際芸術祭2019」

3年に1度の瀬戸芸もスタートから4回目の開催となっています。

今度の土曜日の午後2時から香川大学幸町キャンパスのオリーブスクエア(多目的ホール)で

「瀬戸内国際芸術祭の光と影~未来に向けて~」と題したシンポジウムが開かれます。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週、every.フライデーでも紹介しましたが、

参加者大募集中です!!

香川大学創立70周年記念

香川大学大学院地域マネジメント科16期生が主催するシンポジウム。

瀬戸内国際芸術祭を「光と影」というテーマで様々な視点から見ます。

アーティストや地元の人、ボランティアサポーター、学生、瀬戸芸研究者、

地域活性化のプロなど

それぞれの声を聞き、みんなで瀬戸芸の未来について考えます。

さらに地域活性化を図るには、どうすればよいのか?

今後、飛躍、発展へのカギは?

継続的に続けていくには、どうすべきなのか?などなど

瀬戸芸に興味がある人は、ぜひ、気軽に参加してみてください。

未来の瀬戸芸を一緒に考えましょう♪

当日参加、大歓迎です。

私は、当日、コーディネーターを務めさせていただきます

どんな話が聴けるのか?!今からワクワクしています!

自分とは違った視点や声に触れることで、瀬戸芸への意識が変わるかも?

意識が変わると未来も変わる・・・

このシンポジウムも、まさに「アート」なのかもしれません♪

みんなで参加して楽しみましょう‼

会場でお待ちしています♪

 

香川大学70周年記念第16回シンポジウム

香川大学大学院地域マネジメント研究科16期生 主催

「瀬戸内国際芸術祭の光と影~未来に向けて~」 

2019年9月14日(土)14:00~17:00(開場13:30)

香川大学幸町北キャンパス オリーブスクエア2階 多目的ホール

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る