2017年4月22日

舞台「糸より姫」

「糸より姫 降臨」の舞台を無事に終えました。


 

 

 

 

 

昼夜とも満員!!

大盛況でした。

最後の出演者紹介で舞台に登場。

主役の三木ご夫妻の向かって右に立つ紫の着物が私です。

初めての体験でドキドキ。

かなり緊張しましたが、新鮮で、終わってみると楽しかったです。

観に来て下さった方から、お世辞なのはわかっていますが、

褒めていただいて嬉しかったです。

高松に伝わる「糸より姫」の伝説を語り継いでいきたいと改めて思いましたし、

いただきさんの文化も後世につなげていきたいと感じたのでした。


 

 

 

 

(舞台が終わって、ホッとして、お客様を お送りしているところ)

 

決して、上手とはいえませんでしたが、

私なりに精一杯、頑張りました。

貴重な機会を与えていただいたことに感謝です。

ありがとうございました。

家に戻るとテーブルの上に

観に来てくれていた息子からのメッセージが残されていました。


 

 

 

 

 

嬉しい♪

親の私が言うのもなんですが・・・

息子は、「優しい いいやつ」なんだなぁ。

これが。

・・・と、一人うれしさを噛みしめていると・・・

息子がやってきて

「今日の舞台、すごくよかったよ。頑張ってたね。

でも、でも・・・。ごめん。

お母さん、顔、こわいよ・・・。」

鏡を見るとビックリ!!

確かに・・・(笑)

でも、ありがとうね~!!

素敵なご褒美をもらった気分。

大人も褒められると嬉しいゾ。

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る