2016年1月16日

夜回り先生

「夜回り先生」として知られる水谷修先生にお会いしました。

DSC06769

 

 

 

 

 

 

 

青少年育成支援ネットワークフォーラムが開かれ、

司会とコーディネーターを務めさせていただきました。

講演を聴いて深い感銘を受けました。

どんな感想も言葉にすると陳腐になってしまうくらいの

言葉を超えた「想い」が直球で伝わるお話でした。

子供達の更生と非行防止、薬物汚染拡大予防のため日本全国の深夜の繁華街を「夜回り」する。

決して逃げない、ひるまない、「本気の人」です。

その人に会って話を聴くと人生が変わるという大きな影響力を持つ人がいます。

まさにその人でした。

その溢れる情熱に圧倒されました。

「生き方は言葉で教えてはいけない 行動を示すだけ」

「認められることで明日を開く力を作る」

「美しいものを探してごらん 美しいものは心を強くしてくれる」

「家庭では、1日30個はいい言葉で満たす」

「子供を変えるなら 大人が変わること」

DSC06721

 

 

 

 

 

 

 

会場からもたくさんの相談がありました。

「待つ」ことって大事なんですね。

叱って追い詰めて否定しても改善せず、もっと悪くなるばかり。

「待つ」ことは忍耐。

本人が気づくのを待ち続けてあげる。

これが、信頼なのですね。

大人も修行が必要ですね。

植物には「水」と「太陽」が必要。

人間には「食べ物」に加えて、太陽のような「愛情」がないと枯れてしまうんですね。

自分の子供だけではなく

大人は全ての子供に愛情を注ぐ社会を作らないと。

過去は変わらなくても

「今」を変えたら、未来は変えられる。

未来の過去が「今」だから。

そんなことを感じました。

DSC_0099

 

 

 

 

 

私も頑張ろう。

不思議と元気や希望が沸いてきて

ポジティブになりました。

明日を考える講演・・・

「あしたみんなが笑顔になれる」といいな。

ありがとうございました。

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る