2015年3月4日

息子との会話

気ままにラジオの木曜日に「むかし あるところのお・は・な・し」(午後2:20頃~)をお送りしています。

日本の昔話の朗読をお送りしています。

何を読もうかと本を見ていて、ふと、息子が小学1年生の時の会話を思い出しました。

夜、寝る前に日本の昔話の読み聞かせをしていました。

その時に、読んだのは「絵姿女房」

美しいお嫁さんが殿様のところに連れていかれてしまうという下りがありました。

読み終わって・・・

 

息子「どうしよう!?ボクのお母さんもキレイだって

   お殿様のところに連れていかれてしまったら・・・どうしよう?!」

私 「え~。お母さんは、そんなにキレイじゃないよぉ~。

              (↑ と言いつつ、まんざらでもなく、かなり喜んでいる)

息子「ん~。 あ!!そうや。お母さん、お城に行ったら、一番にお風呂に入らしてもらってね。

   そうしたら、お風呂から出てきたら、お化粧が取れたお母さんの顔見て、

   お殿様は、そのまま帰らしてくれるから。

   ねっ!・・・絶対ねっ!!ねっ!!」

私 「・・・・」

 

  ど、どういうことぉ~??

明日3月5日(木)の「むかし あるところの お・は・な・し」は、

私の担当です。

面白いお話を読みますので、お・た・の・し・み・に!!

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る