2014年8月27日

華音ちゃん♪

珍しいお客様が訪ねてきてくれました。

ロシア在住のピアニスト、松田華音ちゃんとお母様の雅子さん。

「今、三越の近くにいるのだけど・・・」と連絡があり、

西日本放送に来て下さいました。

華音ちゃんは、今年、高校を卒業して、ロシアの国家試験に合格して大学に進学。

これから5年間、さらにピアノを学ぶということ。

すっかりお嬢さんらしくなり、

まぶしいくらい美しい女性に成長していましたよ。

日本国内でのコンサートも次々に予定されていて、

今年の秋には、CDができるとのことで、こちらも楽しみ♪

あ!!

写真を撮るのを忘れてた。

うっかりするにも程がありますね。

次回、お会いしたときは、是非、一緒に写真を撮、ご紹介しますね♪

嬉しかったので、取り急ぎ、ブログにアップしました。

華音ちゃん、ますます頑張って下さいね!!

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2014年8月25日

夏祭り♪

心配された雨に降られることもなく、

涼しい風の中で地元の夏祭りが開かれました。

10年近く、毎年、参加しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

子供達を楽しませようと、地域の人たちも一肌脱いで、大活躍。

ゲームをしたり、盆踊りを披露したり、吹奏楽の演奏があったり、屋台があったり。

知り合いもたくさんいて、世間話をして楽しみます。

こぢんまりしているのですが、何ともいえず、心地よいお祭りなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

祭りの最後に400発の花火が打ち上げられました。

みんなで見上げます。

「お~!」と歓声が上がり、拍手が起きます。

いいな、いいな♪

この雰囲気♪

なぜか、小さな幸せを感じます。

今年も家族で、しっかり楽しみましたよ♪

お世話をして下さった皆様、ありがとうございました。

この夏祭りが終わったら、夏休みも終わりに近づきます。

我が家では、宿題のラストスパート。

しっかり、頑張らせます!! 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2014年8月7日

オリーブ牛ドッグ♪

「ルック」(毎週日曜 午前11:45~放送)の収録で

津田の松原サービスエリアに行ってきました!

ご当地グルメが楽しめるSAということで、3年前に登場し、

全国的に注目を集めたのがさぬきうどんバーガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど3分の1玉くらいのさぬきうどんが入っています!

土日祝日限定販売で、すでに5万個を販売したというから驚きです。

うどんは、ショウガ風味の醤油だれに絡めたうどんに鰹節やネギの薬味も入っています。

レタスに鶏肉のハンバーグに目玉焼きが入っています。

うどんを食べているような食感。

1個450円で売り切れ次第、販売終了です。

さらに9日から新しく登場するのが「さぬき牛ドッグ」

一足早くいただきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

先月、穴吹エンタープライズの社内料理コンテストで最優秀にかがやいた一品です。

オリーブ牛とうどんを甘辛く煮込んだすき焼き風。

温泉卵としらがネギが載った和風ドッグ!!

これがおいしい!

うどんの食感が、いい具合にマッチしているのです。

かなりのボリューム!

おいしい♪

是非、一度食べてみて下さいな。

おすすめですよ!!

ほかにも「さぬきうどんカツバーガー」(←うどん焼きを入れたお揚げをフライに!)

「サッキーちゃんバーガー」(←さぬきうどんが入ったメンチカツを挟んでる!)などなど。

家族であれこれ頼んで、少しずついただくのがいいかも。

それにしても、考えますな・・・confidentshine

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2014年8月4日

夢は牛のお医者さん

週末に家族で映画館「ホールソレイユ2」に

行ってきました。

このブログでも紹介したことがあるのですが。

ずっと見たいと思っていた

「夢は牛のお医者さん」という映画です。

昭和62年に新潟県の山間にある

小さな小学校に3頭の子牛が入学。

そこから話が始まります。

当時小学3年生だった知美ちゃんは、

とっても可愛い女の子。

子牛を可愛がり、一生懸命、お世話をし、

そして、成長した牛との別れを経験します。

小学3年生にして

「将来は、牛の病気を治すお医者さんになりたい。」

という夢を持つようになっていました。

それから26年間、テレビ新潟のカメラは、知美さんの成長を追っていました。

夢を叶えるため、家族に支えられ、努力を重ね、ついに夢を実現するのです。

獣医師になるために高校時代は、下宿をし、テレビは見ないと自ら決めて、猛勉強します。

やがて、2児の母となり、今日も「命」と向き合いながら日々、戦っているのです。

私の息子が3年生ということもあって、

「是非見たい!夏休みの息子にも見せたい!」と考えていました。

夢を叶えるための努力、目標に突き進む姿勢、家族の絆、命の尊さ、などなど。

親子ともに学ぶことの多い作品でした。

決して、派手な編集ではなく、

淡々としていますが、これこそ、映画の原点!だと感じました。

見終わった後、後味がさわやかで爽快。

薫風が駆け抜けるような感覚を味わえました。

息子は「映画って、アニメとか、作ったことばっかりかと思っていたけど、

すごいと思った。ぼくも頑張ろうっと!」

興奮気味に話していました。

きっと、彼の胸に多くのことが刻まれたと思います。

夫も私も大いに刺激を受けました。

是非是非、ご覧下さいな。

親子で見るのにおすすめの映画です。

上映期間が長くないので、お見逃しなく!!

 

 

 

- カテゴリー:出産・育児日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る