2014年2月26日

尊敬の念

先日、四国化成の山下矩仁彦会長と会食。

おいしいお食事と豊富な話題の楽しい時間を過ごしました。

山下会長の目は、世界に向いています。

情報のアンテナの張り方もさすがです。

フロンティア精神、チャレンジ精神に富み、日本の未来を考える・・・

優れた人物が香川にいたものだ!

人徳優れた かっこいい!!(←すみませんsweat01)方です。

そのうちに「この心地よさは、何だろう?」と思いました。

話の切れ味は、鋭くても、にこにこと和やかに穏やかに話されます。

心地よさの理由が、わかりました。flair

山下会長の「和顔施」です。

「和顔施」とは、いつも和やかで穏やかな表情で人と接すること。

これは、瀬戸内寂聴さんの好きな言葉でもあります。

誰に会っても優しい表情を見せることで、相手の心が和むのです。

すっかり、和みました~confidentshine

同席された富田専務も とても穏やかで 心配りを極めていらっしゃる。

「和顔施」に触れて、ふと・・・

お金がなくても施せるという「無財の七施」のことを思い出しました。

一、眼施ー優しい目で全てに接し、周りの心を明るくする

一、和顔施

一、愛語施ー優しい言葉や思いやりのある言葉を使う

一、身施ー自分の体で奉仕する  社会のために働く

一、心施ー他のために心を配り 心底からともに喜び 悲しむことができる

一、壮座施ー乗り物の席や権力の座などを奪い合わない ライバルに譲っても悔いないでいられる

一、房舎施ー雨風をしのぐところを与える 思いやりの行為ができる

私が大切にしなければいけないことが、ここにある。

改めて そう感じました。

山下会長の心配りには、感服。  まさに達人級!

古くからの(年数を語るとかなりのものcoldsweats01)ファンでいて下さり、

「頑張って下さいよ!」と激励していただいたのですが・・・。

私が、すっかりファンになってしまいました。

香川出身の優れた先輩に お会いすると本当に誇らしく嬉しくなります。

自分を省みると、若輩者でちっぽけな存在ですが、

微力でも 小さくても 自分にできることを 地道に続けていこうと 気持ちを新たにしました。

しっかり頑張ってまいります。

学び多き 素敵な出会いに心から感謝。

ありがとうございましたshineconfidentshine

 

 

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2014年2月17日

伝えることの難しさ

去年の6月、附属高松小学校の6年赤組の児童から西日本放送に電話がありました。

「香川をPRする番組をつくりたいので、プロに教えてほしい」という内容でした。

そこから始まった子供たちの番組作り。

 

 

 

 

 

 

 

 

(授業風景)

それならばflair

メディアリテラシー教育(民間教育協会の事業の一つ)を兼ねて

伊達典子アナウンサーと共に指導に当たり、

私が担当している「every.フライデー」でも

子供たちのこの取り組みに密着して、特集で放送しようということになったのです。

子供たちは、自分たちの番組を。

私達は、放送用の番組を作ることになりました。

みんなで話し合った結果、テーマは「桃太郎伝説」に決定。

桃太郎で香川を全国にPRしようということになりました。

撮影の手順や番組制作の流れなどを説明しました。

5つの班に分かれて、夏休みにロケハンをし、台本を書いてきた子供たち。

クイズ仕立て、ニュース仕立て。

各班、テーマは同じでも、全く違う作りです。

どうしても鬼が島の取材は、外せないということで、島に渡ることに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

(撮影風景)

鬼の洞窟での撮影。 

自分たちでカメラを回し、鬼無町の桃太郎神社、鬼塚など、各地で撮影。

思い思いの作品に仕上げます。

そして、迎えた11月の上映会。

参観日に保護者のみなさんにも鑑賞してもらうことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

教室では、笑いがあり、歓声も沸きました。

でも、全てを終えて子供たちの口から出たのは

「もう1回撮りたい。」

「思ったように うまく伝えられなかった。」

「伝えたいことと違うことが保護者の方に伝わっていた。」という 悔しさを抱いた想い。

伝えることの難しさを まさに「体験」したのです。

最初は、どうなることかと思っていましたが、実際には、作品は、よくできていたのです。

それでも、さらに上を目指す意欲に溢れていた子供たち。

私も驚き、大いに刺激を受けました。

その子供たちの作品が、なんと!!

この度、四国映像フェスタで優秀賞に輝いたshineと担任の河田先生から連絡があったのです。

おめでとう!!

いや~。よかったshine

大変だったけど、一生懸命、頑張った子供たちにとって 大きなご褒美です。

そして、ずっと思い出残ることでしょう。

この取り組みを終えて思ったのが、先生の素晴らしさ。

「子供たちに体験させてやりたい。」

「不可能なことはない。」

「地域のために、日本のために役に立つ人になってほしい。」という想い。

本当に頭が下がります。

今、日本の学校の先生は、忙し過ぎて疲弊するばかりだと思っていました。

そんな中で、何より子供たちのことを 必死に考え、

子供たちに 何をどう伝え、感じさせ、考えさせ、表現させるかを真剣に考え、仕掛けていく。

熱い気持ちを持って 全力で取り組んでいる先生が いらっしゃるのだということに 正直、驚きました。

きっと、他にも 素晴らしい先生は いらっしゃるはずですが、

熱い想いを持った先生に出会えた子供たちは、本当に幸せです。

私にとっても、河田先生との出会いによって、新鮮な発見がたくさんあり、多くの収穫がありました。

授賞式は19日に行われるとのこと。

本当におめでとうございました!!

多くのことを学ばせていただき、ありがとうございましたconfidentshine

6年赤組の子供達が大きく羽ばたくことを心からお祈りしています。

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2014年2月14日

雪・・・

高松も雪が降っています。

先週の雪で、息子が作っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供は、喜び 庭 駆け回り・・・

大人は、お部屋で 丸くなる・・・ですねcoldsweats01sweat01

路面凍結や交通障害、気象情報などにご注意を!!

春が待ち遠しいなぁ~。

おっと、今日は、バレンタインデーですね。

ホワイトバレンタインデー・・・か。

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る