2013年12月3日

息子との会話

最近、「忙しそうですね~。」と声を掛けて頂く事が多く・・・。

公私共にバタバタです。

この歳になると、経験を積んでいるゆえ、

仕事も一つ一つ内容の重いものを抱えることになり・・・

そこに育事と家事が加わると、そりゃ、忙しくないわけがなくsweat01

世の中の働くお母さんは、みんなそうだと思います。

・・・と言い訳は、ここまでにして。

先日、息子が家に帰る時間に私が帰宅しているはずでした。

ふと、時計を見ると息子の帰宅予定時間から1時間も過ぎている。coldsweats02

青ざめてダッシュで帰宅すると家の玄関に張り紙が。

「○○くんは、うちにいますので、ご安心を。」という内容。

息子は、数軒となりの同級生のS君のおうちにいました。

ダッシュで向かい、玄関を開けて、

S君のママに「ごめんなさいっ!!」と謝ると「大丈夫よ~。」とS君ママ。

息子が奥から出てきて・・・

息子「ボクね。おうちに帰ったら カギが掛かってて、何でかな~?と思って。

『あflairこれは、テストなんだ!!』と思って。

『こんな時、どうするか?』っていうテスト。

『そうだflair』と思っておじいちゃんちに行って(歩いて3~4分)。

これが、たぶん、正解だろうと思ったら、おじいちゃんちもカギが掛かってて。

『あflairそっか~。これでおうちに帰ったらお母さんがいて、

[ピンポーン正解◎!!]って出てくるのか』と思って

急いで帰ったけど、やっぱりいなくて。

『もしかしたら、これは、テストじゃないのかも・・・』って思って、

S君のお母さんに相談したら、『上がって待ってて』って言うから、待ってたんだけど。

・・・もしかして、お母さん、ボクのこと、忘れてたsign02

私「ごっ、ごめ~んっ!!coldsweats01

息子「やっぱり・・・angry

す、すまぬ。息子よ・・・weep   たくましく育てsweat01

S君ママ~、ありがとう!!(←いつもお世話になっているsweat01)心から感謝!!

そして、心から反省しておりますsweat02

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る