2013年8月23日

いつも思うのです。

今日は、24節気のひとつ「処暑」です。

暑さがおさまる頃・・・。まだまだですね~sun

いつもゴミの日に思うのです。

私は、高松市に住んでいるのですが、

高松市が指定しているゴミ袋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番外の袋もゴミ袋として使えるといいのにflair

1枚ゴミを買っているような気にもなり・・・。

「もったいないなぁ~。」と思いつつ、不燃ごみに捨てるのです。

高松市の世帯全部が1枚ゴミを出すと、かなりの量になりますよね~。

そう思っている人もいるのではないかしら?

ある会で、この話をしたら、「その通りだ!」と盛り上がりました。

みなさんは、どう思います??

来週、夏休みをいただきます。

子供の夏休みの宿題もなんとか終わったし・・・

しっかり、リフレッシュしま~すhappy01shine

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2013年8月16日

初リサイタルは、ふるさと香川で!

高松市出身でロシア在住の17歳のピアニスト

松田華音ちゃんのリサイタルに行ってきました。

アルファあなぶきホール・小ホールは、満席状態。

ピアノと一体になった迫力ある演奏。

とても小柄で華奢なのに ステージの上では、とても大きく見えます。

彼女が放つオーラが客席中を包みます。

ショパン、バッハ、ラフマニノフ、スクリャービン・・・

すばらしい演奏に拍手が鳴り止みませんでした。

リサイタルの後に・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステージを降りると、かわいらしい少女に戻るのが、

華音ちゃんの大きな魅力。

世界での活躍、期待しています♪

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

松田華音ちゃん♪

昨日、「気ままにラジオ」の~昼下がりの音楽堂~のコーナーに

ゲストで来てくれた松田華音さん。

高松市出身でロシアで活躍している17歳のピアニストです。

去年の7月にも「気ままにラジオ」に遊びに来てくれました。

相変わらず、かわいい♪

1年経つと、ぐっと成長していて、びっくり。

リスナーさんたちに しっかりと自分の言葉で想いを伝えていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ 今夜7時から、アルファあなぶきホールでリサイタルが行われます。

日本で初めてのソロコンサート。

ふるさと香川で演奏できる喜びも語っていました。

はにかむ少女のような透明感のある可愛い女の子。

ところが、ピアノの演奏を始めると、イメージが一転。

ピアノと一体化し、華音ちゃん自身がピアノになっているかのような印象で、

時に激しく唸り、時に穏やかに歌い、感情の起伏を表現していくのです。

ピアノから離れて話している時と同一人物とは思えないほど・・・。

華音ちゃんは、もちろん、人並み外れた努力をしています。

でも、それ以上に人並み外れた天賦の才能を持っているのです。

「ピアノを弾くために生まれてきた」というのが、私から見た華音ちゃん。

どうか 伸びやかにしなやかに・・・世界での活躍、大いに期待しています♪

 

今夜の演奏楽しみです♪

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2013年8月5日

下津井にて・・・

先日、倉敷市児島の高田織物(株)さんにルックの取材でお邪魔しました。

畳べりの全国シェア8割という会社です。

畳べりと言っても、驚くほど種類が豊富で、畳べりを替えるだけで

お部屋の雰囲気もがらりと変わります。

是非、9月1日(日)放送のルックでご覧下さい。

ところで畳の「へり」を漢字で書くと・・・ へり= 「縁」 =えん と書きます。

取材終了後、以前に「ルック」でお邪魔した倉敷の「高木ソーイング」の

高木塩見社長ご夫妻が、せっかく倉敷に来ているのなら・・・ということで

伊達プロデューサーと私をお食事に誘ってくださったのです。

もちろん、高田社長ご夫妻も一緒に。

高田社長ご夫妻は、児島商工会議所会頭を5期務められていて、

高木社長もよくご存知だったようで、まさに「ご縁」がつながりました!!

下津井の海の幸の料理を贅沢に食べさせてくれる「山下さん」ご夫妻のお店にお邪魔しました。

高木さんの「ルックOB会にかんぱ~い!!」のご発声でスタートsmile

うれしいな~note

「ルック」の縁が広がって。

高木社長の息子さん、秀史さんとお孫さんでタカラジェンヌ(とても素敵!)の

お嬢さんも合流して楽しい夜となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贅沢なお料理!!sweat01

アナゴのお刺身は生まれて初めていただきました。

びっくりsign03

おいしかった~shine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お米にもこだわった「かに丼」sign03

これまた、贅沢!!

このお料理は、ごくごく一部。

ま~、すごい!!  山下さんの料理の腕には、舌を巻きましたconfident

下津井の味に触れ、あったかくて心意気のある人情に触れ、

「ご縁」が広がっていく幸せな気持ちに満たされた夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

左から山下さん、高木塩見社長、右側が高田ご夫妻

皆様、ありがとうございましたhappy01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る