2012年8月2日

香川が生んだジャズメン多田誠司

「気ままにラジオ」にゲストとしてきていただいたサックス奏者・多田誠司さん。

中学・高校の大先輩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今から30年以上前のこと。

私が、中学校の吹奏楽部でフルートをしていた時、多田さんは、岡山大学の学生さんでした。

吹奏楽部フルートOBとして夏休みに指導に来て下さり、

音楽を通して、とても楽しい時間を過ごしました。

ユニークで、とても面白くて楽しいOBという印象でした。

ちょうど、その頃、多田さんは、ジャズに目覚め、フルートからサックスに転向していたようです。

その後、風の噂に、多田さんは、地元香川の銀行マンになったと聞いていました。

次にお会いしたのは、それから10年後くらい。

暑い夏の夜。

場所は、なんと!東京の日本武道館の楽屋前の廊下。

「わ!多田さん、ここで、何しているんですか?」

「ジャズの夢が捨てきれなくてさ。東京に来たのよ。」

「え~?!銀行は?」

「やめちゃった。(笑)」

「本当?!すご~い!!」

オール・ジャパン・ジャズ・エイドが開かれていて、大学生だった私は、

アルバイトでアーティストの方やVIPを案内していたのです。

お互いに急いでいたので、「また!!」と、別れました。

夢を追いかけて上京した多田さんは、学生の私には、眩しく輝いて見えましたshine

その後、多田さんは、世界的トランペッターの日野皓正さんのグループで活躍し、

国内外で高い評価を得るようになっていました。

日野氏に「お前と俺との演奏は世界一だったよな。」と言わしめる実力なのです。

2009年にはスィングジャーナル誌の日本ジャズメン人気投票アルトサックス部門で3位!!

現在は、ライブ・セッションを始め洗足音楽大学や銀座YAMAHAアネックスなどで

講師として教鞭もとっています。

今回、たまたま、ライブで高松に戻るので、無理を言ってお願いして、

スタジオに遊びに来ていただいたのでした!

時々、電話では、話をしていたものの、武道館でお会いして以来。

もしかして二十数年ぶり??

いや~。

ますます素敵になられていましたよ~。

考えてみると多田さんとは、30年を超えたお付き合い。

今なお謙虚に、真摯にジャズの道を追求する姿勢も

音楽を愛する想いも

香川・高松を大事に思っている気持ちも、

大学生の頃から変わらない楽しい雰囲気も、とても素敵confidentshine

もっともっとお話、聴きたかったな~。

また、改めてスタジオに来ていただきましょう♪

8月3日(金) 古馬場So Niceにて 三木智子Vo.グループ ライブ 20:00~  087-837-0777

8月4日(土)サンポート高松ジャズフェスティバル 17:00~

9月26日アルバム「トゥルー カレッジ」発売決定!!

10月11日(木) 高松市塩上町 スピークロウにて

           the MOST 6th CD「True Courege(トゥルーカレッジ)」発売記念ライブ

是非、香川が生んだジャズメン・多田誠司の世界を感じて下さい!!

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る