2011年10月27日

今日から読書週間♪

「第25回四国地区学校図書館研究大会 香川大会」が開かれています。

テーマは「豊かな心と学ぶ力を育てる学校図書館」です。

初日に1時間あまり、「記念講演」をさせていただきました。

ホームページのプロフィールに

趣味:読書とありますが・・・。

本を読むのは、大好きです。

本の話も盛り込みながら、放送の話やコミュニケーションの話などあれこれとお話しました。

話を聴いて下さったのは、四国の学校の図書館運営に関わる先生方ばかり。

みなさん、子供たちに、いい本をたくさん読んでもらおうと、

一生懸命、努力し研究を重ねてていらっしゃるのです。

本を読むと「知識・教養が増える、言語が学べる、語彙が増える、感性が磨かれる、想像力が広がる、

思考力が高まる、表現力が広がる、創造力が広がる、物事の判断基準や価値基準を学べる、

心が豊かになる、よい人格形成に多大に影響する」などなど。

いいこと尽くめ!!

これを知りながらも、ほとんどの人が、読書を習慣化できていないのが現状です。

でも、考えてみると今、私たちが生きているのは、文字社会。

学校に入れば文字を習い、日常生活にも文字が溢れ、

社会に出ても様々な契約なども文書で文字により交わされる。memo

文字による社会に生きているのです。

ならば、その文字を読み解く能力が高ければ、随分と楽に豊かに社会を生きていけるのでは?

「読書」は、いわば、文字や文章を読み解く能力を高める「訓練」なのかもしれません。

脳が柔軟に働く子供の頃にこそ、

しっかりとその訓練をスタートさせて、鍛えていきたいものです。

今日から「秋の読書週間」book

読書週間は、読書について改めてよく考える週間として、

大人も子供も、読書は「習慣」に・・・「読書習慣」にしたいものですconfidentshine

 

 

 

 


- カテゴリー:出産・育児日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月20日

濱野年宏展

世界を舞台に活躍する芸術家、

高松市出身の濱野年宏さんの半世紀あまりに及ぶ

芸術展が高松市美術館で開かれています。

「ドリーマーズ」の収録でお邪魔し、

会場で、濱野さんに案内していただきながら、話を伺ってきました。

会場には大作が約100点もあるというので驚いていたら

濱野さんが自分の作品を数えたら4千点もあったそうで、そのうちの100点なので、

一部も一部・・・というのに、更に驚きました。coldsweats02

作品は、抽象画と具象画を極めています。

作品から発せられるエネルギーは、半端でなく、息苦しくなるくらいsweat01

今回、新たに描きあげた「紅白梅図」は、これまで、金と黒にこだわってきた

濱野さんが、自らを打ち破って挑んだ挑戦。

白と赤という日本の色を更に足して、尾形光琳の作品を現代に大胆にアレンジしたものです。

作品の前に立つと、作品から迫ってくる、飛び出し来るような気迫と

逆に、作品の中に吸い込まれていきそうな感覚を味わえます。shine

絵を描き始めた15歳の時の作品もあり、

幼少期の話などもたくさん伺いました。

濱野さんのベースには、いつも「平和」と「祈り」が流れていて追求するのは、物事の本質。

本質を捉えると「美」は一つ。それを緻密に大胆に描く。

濱野さんは、哲学・宗教・思想に通じ、精神世界が深く、話を聴けば聴くほど、日本から世界へ、

世界から地球へ、地球から宇宙へと限りなく広がっていくようで・・・・

それが作品になっているのですshine

香川では二度とみられない奈良中宮寺の「聖徳太子絵伝」四季図大屏風や

普段は見られない四国霊場大窪寺本坊襖絵など

非公開・門外不出作品・未発表作品もあります。

これは、見逃せませんsign03

11月6日(日)まで高松市美術館で開かれています。

それにしても、濱野さん、エネルギッシュで、とても素敵でしたconfidentshine

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月13日

1時の特集

8月に「気ままにラジオ」の1時の特集に電話出演してもらった西口敦さん。

高校の1年後輩と言う縁で、出演をお願いしました。

香川県出身で、東大卒のエリート経営コンサルタント。

婚活のエキスパートでもあり、前回、8月の放送では、

「普通のダンナがみつからない!」という彼の著書をベースに

 「婚活」の話で、盛り上がりました。

その西口さんがこれから月に一度(隔月)、「1時の特集」に出演します!

知的で面白い独自の視点で、大いに刺激してほしいと思いますhappy01

どんな話が飛び出すか?!

24日(月)の1時の特集で登場しま~す!!

是非是非、お楽しみに!

おっと、今日は、木曜日。

「気ままにラジオ」は、植松さんと古茂田さんは、ラジオカーで外に出るので、

スタジオは、私一人!!

是非、お聴きくださいませconfidentshine


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月12日

これ、な~んだ?!

なんだか、わかります?!

山の池で採れた「菱(通称シイ)の実」です。

懐かしい~!!

食べるのは、ン十年ぶりですsweat01

 

 

 

 

 

優しかった祖母を思い出しました。

「昔の人は、食べるものがなくて、これをおいしい、おいしいって食べてたんだよ。」って。

「とげがあるから、気をつけてね。ほら、食べてごらんなさい。」と、とても穏やかな祖母。

祖母の記憶も加わってか、菱の実は、甘くて優しい味だと記憶していました。

 

 

 

 

塩茹でして食べてみると・・・。

そうそう。この味heart02

家族みんなに祖母の思い出を語りながら、優しい味をかみ締めました。

ゆり根のような、豆のような、お芋のような・・・。

噛めば噛むほど甘くなります。

息子が「これ、おいしいね!

形は、仮面ライダーに出てくる怪獣に似てるけど、ボクも大好きnotes」と言ってくれました。

なんだか、祖母に気持ちを伝えられたような気がして、嬉しく感じました。shine

「菱の実」の味に「ちょっぴり嬉しい感覚」も加わりました。confident

 


- カテゴリー:出産・育児日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月5日

いいもの見つけた!

「ドリーマーズ」の収録で、高松市の「プラスワン インターナショナル」を訪ねました。

35歳の超イケメン社長の新開強さんは、高松高校の後輩です。

立派な後輩がいたものだと感激しながら、

まるで姉・・・、いや、母親のような気持ちで嬉しく話を聴かせていただきました。

新開さんは、超イケメン!スタイル抜群!頭脳明晰!語りもよし!ゴルフも歌もお上手!

非の打ち所がない青年で、笑顔がとてもチャーミングなのです。shine

絶賛、しすぎ・・・?だと思うでしょ?

お会いしたら、わかります。

本当なのです。

プラスワンインターナショナルは、オリジナルTシャツを作っている会社で、

年間売り上げは16億円と業界トップの売り上げを誇ります。

2004年に始めた時は、一人で営業からデザイン、制作をこなしていたのが、

インターネット販売を始めて売り上げが急激に伸び、

翌年にはスタッフが6人に増え、売り上げは1億8千万に。

今では従業員73人 売り上げ16億円という会社になっています。

これまでは、量産でしかできなかったプリントTシャツが、1枚からでも安く作れます。

ゆめタウン高松2階にも印刷機を置いていて、デザインや写真を持ち込むとわずか15分で作ってくれます。

新開さんとのツーショット写真をTシャツにプリントしていただきました!!

 

 

 

 

 

これが、予想外に感動sign03

刷り上ったものをみると、なんともいえない愛着が沸き、自分だけの・・・と思うと、

市販されているTシャツには感じない感覚が芽生えます。

最近は、プレゼントにと作る人も多く、Tシャツに限らず、タオルでも、マグカップでも、

ありとあらゆるものにプリントできます。

収録中に、注文を受けて、プリントしていたTシャツは、

もしや、フルマラソンを走る時に着るためなのかな?と思わせるもの。

1歳くらいのお子様の写真をブルー1色でデザイン画のように仕上げ、

その下に赤で42.195kmと描いていました。

子供も一緒に走る感覚になれます。

素敵heart02

考えますね~。

そう考えると、あんなデザインもいいな。こんなのも・・・と次々に浮かんできました。

これは、おすすめshine

自分だけのオリジナル。

家族だけのユニフォーム。

恋人とペアで。

どこにも売っていない、大好きな洋服になること間違いなし!!

是非、このハッピーな気持ちになる感覚を味わって下さいませconfident

「ドリーマーズ」の放送は、23日(日)ごぜん11:45~正午です。

是非、ご覧下さいませconfidentshine

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月3日

がんばらなくちゃ!

10月です。

長くよく働きましたと表彰していただきました。

「永年勤続表彰」というものです。

あ。

年齢が・・・わかってしまう??

それは、そうと、

ある調査によると、まだ多くの企業が「永年勤続表彰制度」と取り入れているそうです。

かつては、9割以上の企業で行われていましたが、成果主義が叫ばれ始めた頃から減少傾向にあります。

減少している理由は、

成果主義の時代に、長く働いただけでは、表彰するに値しない。という考えや

年功的な処遇を見直そうというもの。

その一方で、雇用の流動化や成果主義が進む中にありながら、

社員が自分の働く会社への帰属意識を高めたり、社員にモチベーションを高めたりしてもらおうと

表彰して長く働くことを奨励している会社が8割近くあるということです。

職種にもよりますが、

たとえば、熟練技能者の技術が継承されず、後継者がいなくて頭を悩ませている人が

日本中のそこかしこにいます。

アナウンサーの仕事について、ここで改めて考えてみました。

(天才的な人を除いては)なかなか一朝一夕にできる技術ではありません。

日々の研鑽があって、少しずつ向上していく・・・まさに、技術職です。

なかなか、完成形に到達することは、なく、ひたすら向上を目指すのみ。

技術の継承も大事な仕事なのです。

「まだまだだわ~。もっともっと、頑張らなくては!!」

あ。

モチベーションアップしているsign02

これが、表彰の効用なのですねconfident

ありがとうございましたshine

 

 

 

 

 

家に戻ると息子からのカード。

「いつもありがとう これからもがんばってね」

泣けますweep

これからも、しっかり、がんばるわね~shine


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る

2011年10月2日

栗拾いのなぞ

「栗拾い」といいますが・・・。

転がっているイガを足で開いて中の実をひっぱりだして採る。

「拾う」という感覚とは違います。

どうしてだろう??と思っていました。

今年初めてわかりました。

里山に行った時のこと・・・

 

 

 

 

 

栗の木の下では、イガがはじけ、飛び出した栗が、そこら中に転がっていました。

思わず、その栗を拾ってバケツに入れて、栗を拾って、バケツに入れて・・・

まさに「栗拾い」。

拾っていましたcoldsweats01

大人気なく、かなり夢中になって拾いました。

ようやくナゾが解けましたconfident

さて、どうやって食べようか??


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る