2019年7月19日

これな~んだ?

 

 

 

 

 

これ、なんだかわかりますか?

正解は・・・

 


 

 

 

 

アスパラガスです。

三木町のうえむら農園さんにお邪魔してきました。

アスパラガスは、健康にも美容にもよく、

何より疲労回復に良い食材なのです。

おや!?

これは・・・


 

 

 

 

 

畝に点在しています。

実は、これ・・・


 

 

 

 

 

ホワイトアスパラガス!!

 

遮光することで、グリーンにならないように育てていたのです。

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスは、

別の品種かと思っていたら、同じものなのだと聞いて驚きました。

また、美味しいアスパラ料理を教えていただきました。

〈簡単アスパラレシピ〉

①細めのグリーンアスパラを2ミリくらいの小口切りにしてきざみ、

コーン(缶詰)とソーセージ(小さく半月切りにして)

出来たてのご飯に混ぜて、バターと塩こしょうで混ぜるだけ!

アスパラもソーセージも茹でなくて、そのままでオッケー!

これが美味しかった!

②ホタテとアスパラを塩こしょうしてマヨネーズで炒める。

 白ワインかお酒を入れてるとコクがです。

③タマネギとアスパラを茹でてコンソメで味をつけて、ミキサーで砕いて

 牛乳を加える。塩こしょうで味を整え、裏ごししてひやした冷製スープ。

④天ぷら

⑤シンプルに塩ゆでをドレッシングでいただく。

しっかり食べると疲れが取れますよ~♪

夏にぴったりの食材です。

皆様も是非、お試しあれ。

これから夏本番!

暑さを吹き飛ばして

元気に乗り切りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2015年6月13日

アイスワイン?!

 

自分の誕生日を忘れるくらい、日々、バタバタと過ごしていました。

週末は、東京の夫の実家で過ごしました。

ユーモアたっぷりの義理の父は、海外生活が長かったからか、

毎回、行くたびに、世界各地の珍しいモノや面白いモノを

用意して楽しませてくれます。

今回は、「アイスワイン」!!

カナダのバンクーバーで、お友達にいただいたとか。

DSC_1714

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飲んでみると強い甘みと香り。濃厚な味わい。

夫「濃厚だね~。甘い。」

私「食前酒みたい!」

義父「実は、食後酒なんだよ。(笑)」

あらら。

一般のワインは秋に収穫したブドウで作りますが、

アイスワインは、12月から2月の気温が氷点下8度くらいまで下がった

真冬に収穫するのだそうです。

凍ったブドウを一つ一つ手作業で摘むとか。

カナダの厳しい自然の中で、真冬になるまで収穫せずにそのままにしておくと

ブドウの中の水分が減って果汁が濃縮されていくのだという説明をしてくれました。

凍ったブドウからは通常の8分の1くらいしか果汁がとれず、

さらに真冬になるまでに虫や鳥に食べられてしまい、

それを手作業の過酷な労働で収穫するというような条件が揃って

その希少性から「最高級ワイン」と呼ばれているそうです。

初めていただいた「デザートワイン」。

その後、話題の「獺祭」やウイスキーも出てきて、

みんなで何度も乾杯♪

調子よく、いただきましたよ(笑)

義母からも素敵な孔雀のブローチをプレゼントされ、

すっかり忘れていたのに思いがけず、素敵なお誕生日となりました。

ありがとうございました!!

それにしても、「アイスワイン」おいしかった~~♪

 

オマケ画像♪

息子の運動会のお弁当!おにぎりは、ニッコリマーク♪

今年のテーマは「元気・笑顔」でした♪

IMG_20150531_090034

 

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2014年8月7日

オリーブ牛ドッグ♪

「ルック」(毎週日曜 午前11:45~放送)の収録で

津田の松原サービスエリアに行ってきました!

ご当地グルメが楽しめるSAということで、3年前に登場し、

全国的に注目を集めたのがさぬきうどんバーガー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど3分の1玉くらいのさぬきうどんが入っています!

土日祝日限定販売で、すでに5万個を販売したというから驚きです。

うどんは、ショウガ風味の醤油だれに絡めたうどんに鰹節やネギの薬味も入っています。

レタスに鶏肉のハンバーグに目玉焼きが入っています。

うどんを食べているような食感。

1個450円で売り切れ次第、販売終了です。

さらに9日から新しく登場するのが「さぬき牛ドッグ」

一足早くいただきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

先月、穴吹エンタープライズの社内料理コンテストで最優秀にかがやいた一品です。

オリーブ牛とうどんを甘辛く煮込んだすき焼き風。

温泉卵としらがネギが載った和風ドッグ!!

これがおいしい!

うどんの食感が、いい具合にマッチしているのです。

かなりのボリューム!

おいしい♪

是非、一度食べてみて下さいな。

おすすめですよ!!

ほかにも「さぬきうどんカツバーガー」(←うどん焼きを入れたお揚げをフライに!)

「サッキーちゃんバーガー」(←さぬきうどんが入ったメンチカツを挟んでる!)などなど。

家族であれこれ頼んで、少しずついただくのがいいかも。

それにしても、考えますな・・・confidentshine

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2014年7月17日

漬けました

毎週木曜日の「気ままにラジオ 雨の日晴れの日曇りの日」で、

ご一緒させていただいている植松おさみさん。

会社の元上司でもあり、尊敬すべき大先輩でもあります。

でも、見た目と違って(←ごめんなさい。)とてもお茶目でチャーミングなのです。

植松家では、グリーンカーテンを作っています。

そこでできたキュウリをいただきました、

手書きのレシピとともに・・・。

レシピ:

キューリ1K(4~5本)

塩  50g

砂糖 150~180g

練りわさび 1本

① キューリを塩もみして1日置く

② 水を捨てる。キューリは洗わない。

③ 砂糖、わさびを入れて2~3日

 

意外と簡単そう!!・・・というか、ここまでお膳立てしていただいたからには、

漬けないと!!

女が廃るsweat01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塩もみして・・・1日置きました。

水を捨てて、キュウリは洗わず、砂糖と練りわさび1本をまぶして、

冷蔵庫で3日。

できました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まあ、ちょっと、おいしいこと!!(←自画自賛)

砂糖のかわりに三温糖を使いました。

夫も「絶品だね~。」と食していました。

本当に簡単!

皆様も是非、お試し下さい。

植松さん、ありがとうございました!

今日は、木曜日、今から「気ままにラジオ」の打ち合わせです。

よろしかったら、午後1時からお聴き下さいね。

植松さんのお茶目でチャーミングな一面が、会話からわかると思いますよ!!

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2013年8月5日

下津井にて・・・

先日、倉敷市児島の高田織物(株)さんにルックの取材でお邪魔しました。

畳べりの全国シェア8割という会社です。

畳べりと言っても、驚くほど種類が豊富で、畳べりを替えるだけで

お部屋の雰囲気もがらりと変わります。

是非、9月1日(日)放送のルックでご覧下さい。

ところで畳の「へり」を漢字で書くと・・・ へり= 「縁」 =えん と書きます。

取材終了後、以前に「ルック」でお邪魔した倉敷の「高木ソーイング」の

高木塩見社長ご夫妻が、せっかく倉敷に来ているのなら・・・ということで

伊達プロデューサーと私をお食事に誘ってくださったのです。

もちろん、高田社長ご夫妻も一緒に。

高田社長ご夫妻は、児島商工会議所会頭を5期務められていて、

高木社長もよくご存知だったようで、まさに「ご縁」がつながりました!!

下津井の海の幸の料理を贅沢に食べさせてくれる「山下さん」ご夫妻のお店にお邪魔しました。

高木さんの「ルックOB会にかんぱ~い!!」のご発声でスタートsmile

うれしいな~note

「ルック」の縁が広がって。

高木社長の息子さん、秀史さんとお孫さんでタカラジェンヌ(とても素敵!)の

お嬢さんも合流して楽しい夜となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贅沢なお料理!!sweat01

アナゴのお刺身は生まれて初めていただきました。

びっくりsign03

おいしかった~shine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お米にもこだわった「かに丼」sign03

これまた、贅沢!!

このお料理は、ごくごく一部。

ま~、すごい!!  山下さんの料理の腕には、舌を巻きましたconfident

下津井の味に触れ、あったかくて心意気のある人情に触れ、

「ご縁」が広がっていく幸せな気持ちに満たされた夜でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

左から山下さん、高木塩見社長、右側が高田ご夫妻

皆様、ありがとうございましたhappy01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る

2012年7月4日

さぬきの郷土料理

今朝も出勤前に小学校に出向き、読み聞かせをしてきました。

七夕が近いので選んだのは「おこだでませんように」

毎日、学校でも家でも怒られている小学1年生の男の子のお話。

妹の面倒をみても妹が泣くと一方的に怒られる。

男の子にだって言い分がある。

でも、それを言うと怒られるので言わない。

言わずに、先生にもお母さんにも怒られる。

七夕の一番の願いは、小学校に入って習ったひらがなで、

短冊に一生懸命書いた

「おこだでませんように」

先生は、その願い事をみて涙を流して

「先生、おこってばっかりやったね。ええ願い事や。」とほめてくれた。

その夜、先生がお母さんに電話をして

お母さんまでが「お母さんも おこってばっかりやったねぇ。」と

ぎゅうっと抱っこしてくれた。

七夕様にお礼を言った男の子。

「お礼に、ぼく、もっともっとええ子になります。」って

何度読んでも、涙が出てきます。

感情移入しやすい自分にホトホト困りながら、涙声になったものの、

教室では、涙は流さずに読みました。

子供たちは、真剣に聴いていましたよ。

「みんなも七夕の願い事が叶うといいねshine」と締めくくりました。

子供たちに、またまた、いっぱいの元気をもらって会社に向かいましたconfident

さて、先日、ドリーマーズのロケで丸亀市の大西食品さんにお邪魔しました。

細谷誠社長にインタビューをさせていただきました。

ロケの合間に近所の女性の方々にお声を掛けていただき、うれしかったです。

ありがとうございました!!

この場を借りてお礼申し上げます。

それは、そうと・・・

インタビューの後、(株)大西食品の従業員の女性たちが考えたという

「しょうゆ豆」を使ったレシピを教えてもらったのです!

それが・・・flair目からウロコ。

しょうゆ豆は、しょうゆ豆として食べるものだと勝手に思ってました。

しょうゆ豆を料理に使うのです。

しょうゆ豆といえば、子供の頃から慣れ親しんだ味。

讃岐っ子の大好きな味です。

 

 

 

 

 

 

 

レシピを紹介しましょう!!

  • ちくわとしょうゆ豆の炒め物  ←これは、絶品!

     ①ちくわを2ミリくらいにスライスして、油でしょうゆ豆をつぶしたものと、さっと炒める。

     ②しょうゆ豆のタレを入れて炒め、

     ③ゴマをふって完成。

      お酒のあてにもいいし、おかずにもなるし、冷えてもおいしいので、お弁当のおかずにも!

  • 豚肉のしょうゆ豆甘酢焼き

     ①しょうゆ豆のタレにお酢を加えて甘酢して、豚肉を炒める

  • しょうゆ豆甘酢ドレッシング

     ①しょうゆ豆を潰してお酢を加えて出来上がり!

       蒸した鶏肉をのせたサラダなどにかける

  • しょうゆ豆入りドライカレー

    ①ドライカレーにしょうゆ豆を少し砕いて入れる

  • 豆ディップ

     ②金時豆としょうゆ豆を潰してジャム状に。そのディップをクラッカーにのせる

       クラッカーの塩味とあいまって、これまた、おいしい!!

どれも簡単!おいしい!!

3分間クッキングってあるけど、3分もかけずに作れる手早さが忙しい主婦には助かる!!

さすが、働く女性たちが考案したレシピrestaurant

脱帽です!

いいレシピを教えていただきました。

しょうゆ豆恐るべし!

細谷社長のインタビューは、今月8日(日)午前11:45~正午の「ドリーマーズ」で、ご紹介しますconfident

しょうゆ豆レシピ、皆様も是非、お試し下さいませconfident

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラム食・レシピページの先頭へ戻る