2012年8月22日

宇宙あさがお

小学1年生の息子の夏休みの宿題の一つに「あさがおの観察」があります。

毎朝、花が何輪咲いたかを記録していくというものです。

朝一番の日課となっています。

一時、咲かない時期があり、もう終わったのかな・・・と思いきや、またまた咲き始めました。

息子が学校からも持ち帰り、観察しているのは濃いピンクの花です。

すでに種も採取しています。

他にも紫、赤紫の花も咲いていて、夏の庭に彩りを添えてくれています。

朝、カーテンを開けて、あさがおの花をみると

「夏ね~。」と日本の夏の風情を楽しめて、とても心地いいです。

因みにゴーヤも植えていますが、黄色い花は咲かせているけど、まだ収穫には至っていません。

さらに気になっているのが・・・「宇宙あさがお」

なんでも平成22年4月に日本宇宙少年団副団長の山崎直子宇宙飛行士により

スペースシャトルで宇宙を旅して帰ってきた種を4粒香川にいただいたというのです。

その種を日本宇宙少年団・香川小惑星分団の4人の団員が、

栽培して400粒に増やし、希望者に配布され、

「2011年 第二世代 NAOKOあさがお」として育てられました。

第三世代 NAOKOあさがおは、4万粒にもなったそうです。

そのうちの4粒の種を分けていただき、我が家の庭のプランターに植えたのです。

つまり「2012年第三世代NAOKOあさがお」です!!

植えて1ヶ月近く。芽は、すぐに出てきたけど、なかなか花が咲かず、一般のあさがおと比べると

どうも葉っぱがすこしとんがっている。

花は咲くのかしら??とず~っと心配していました。

すると・・・

ようやく花咲きましたshine

見つけたのは息子!!

朝一番に大騒ぎをして

「宇宙あさがおが咲いたよ~っ!!」って、大声で知らせてくれました。

「宇宙キターーーッ!!(←仮面ライダーの変身の掛け声らしい)」とも騒いでいましたcoldsweats01

見ると・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とも可憐な色。

最初は1輪。昨日は4輪。

今朝も2輪咲いていました。

どれも、白に近い薄いピンクで、上品ではなかげな色が涼しさを演出してくれます。

このあさがおのご先祖は宇宙に行ってきたんだと思うと、

なんとも希望に満ち溢れてているように見えるから不思議。

「宇宙NAOKOあさがお」は、全国に広がりを見せているようです。

宇宙からの贈り物というべき、あさがおを全国各地で育てている子供たちがいて、

花が咲いたら大喜びして、あさがおを通して宇宙に想いを馳せていると思うと

次期宇宙時代を担う子どもたちには、「宇宙あさがお」って、とっても身近で、いい教材かもしれません。

種、採れるかな??

 

 

 


- カテゴリー:出産・育児日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る