2011年11月23日

藍川由美さん

すっかりご無沙汰していた藍川由美さんに

「ドリーマーズ」に

出演していただけることになり、

収録でお会いすることができました!!

藍川さんは、宇多津町出身のソプラノ歌手です。

日本の歌にこだわり続けて、日本の歌の研究・歌唱の第一人者です。

彼女の歌声は、秀逸で、いつまでも聞いていたいほどの美しさ。

その藍川さんが「うたの寺子屋88」として、香川を拠点に活動を始めているのです。

西洋の音楽ではなく、日本古来の音楽を知ってほしいと

楽器の解説をはじめ、日本の音の美しさと魅力、その趣をわかりやすく話してくれます。

今回は、5回目で詫間町の「龍光寺 善性院」で開かれたのにお邪魔しました。

 

 

 

 

 

平安貴族を思わせる衣装で奏でるのは「和琴(わごん)」です。

日本最古の絃楽器。

お琴は、奈良時代に大陸から渡来した楽器で、

 和琴を持っている人も演奏できるという人もごくわずか。

披露してくださったのは、平安時代に作られた「催馬楽(さいばら)」。

源氏物語に出てくる歌で、紫式部も愛唱したというもので、

現存する6曲を弾き歌いできるのは、世界で唯一人、藍川さんだけ。

CDに収録していますの、是非、聴いてみて下さい。

日本人のDNAに刻まれている音があるのでは?・・・と、感じられます。

心地よく懐かしく、癒されました。

「うたの寺子屋88」は、地元に恩返しをしたいと入場無料で

完全ボランティアで行っているのに頭が下がります。

カフェや寺院、保育園など小規模な場所を想定しているとのこと。

是非、興味のある方は、ご連絡してみて下さい。

寺子屋の終了後、藍川さんのご自宅に場所を移して、

夜遅くまでインタビューなどの収録をしました。

藍川さんは、強烈な(←藍川さん、ごめんなさい!)個性の持ち主で、

驚異的なパワーを持ち、エネルギーが溢れ続け女性です。

そして、時にみせるお茶目なところが、とても素敵で、愛すべきキャラクターなのです。

逢えば逢うほど、話をすればするほど魅力を感じ、人を惹きつける女性です。

若い時は、香川を遠ざけていた部分もあったという藍川さんが、

改めて故郷のよさを感じ、始めた恩返し。本当に素晴らしい活動です。

是非、一人でも多くに方に生の和琴の音色と藍川さんの歌声に触れてほしいと

純粋に願っていますshine

実際に参加したら、楽しく、更に自分が日本の音楽のことを知らないことに改めて驚き、

大変、勉強になりましたcoldsweats01

今回も多大なエネルギーをいただきました!藍川さん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

さて、藍川さんに今度は、いつお会いできるかしら??

「ドリーマーズ」の放送は年明け1月8日(日)です。

来週28日(月)の「気ままにラジオ」の昼下がりの音楽堂は、

藍川さんの曲をセレクトしてお送りする予定です!!

お楽しみにconfidentshine


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る