2017年2月18日

ももの会

香川県内の教職員の女性管理職(校長・教頭)の皆さんが集う

「ももの会」にお招きいただき、お話をして参りました。

ももの会

 

 

 

 

 

 

 

 

「輝く女性をめざす!」というテーマ。

会場には、約200人の輝く女性達が並び、

華やかな雰囲気の中、どこか、ピシッと背筋が伸びるような空気が漂っています。

3分の1あまりは、OBの方。

会場を見渡すと、どの方も本当に素晴らしく素敵なのです。

男性社会の中で、苦労されて努力されて道を切り拓いてこられた方、

今も闘っていらっしゃる方ばかり。

その中にいるだけで私も気が引き締まります。

それでいて、柔らかく話を受け止めて下さる。

さすが、先生。

さすがの女性達なのです。

輝く女性ばかりを前にして話すことで、

たくさんの気づきやエネルギーをいただきました。

講演が終わって、中学時代の恩師で体育の教師だったT先生が来られました。

満面の優しい笑みを浮かべて

「鴨居さん、今日は、絶対に話を聞きに行こうと思って来たのよ~。

よかったよ~。」とお褒め下さいました。

T先生は、中学時代、男女とも一目置く迫力のある女性教師。

泣く子も黙るT先生。

いつも毅然として厳しく、いつも背筋を伸ばし、前を向いている印象。

怖いけど、大好きな先生でした。

その先生が、とても優しい表情になって、

あまりに可愛らしくなられているので驚きました。

「T先生、当時は、相当、怖かったですよ。」というと

その場に居合わせたT先生の教え子だという先生達も

「そうだった。わかる。わかる~。」と盛り上がりました。

するとT先生は「そうね~。あの時代は仕方なかったのよ~。」とおっしゃる。

中学生の私には、思いも及ばなかった。

そうか。

時代の中で、先生も闘っていたのだ。

35年を経て、初めて、先生の思いを知ったのです。

かつての先生の姿勢に改めて尊敬の念を感じました。

ももの会の皆さん、そうだと思います。

香川県内で闘ってきた、また闘っている女性が

こんなにもたくさんいるのだと思うと勇気が沸いてきました。

おこがましいけれど、優れた同志や優れた先輩に会えたという嬉しい気持ち。

お世話をしてくださった幹事の先生方は、

大変なお仕事だろうに、にこやかで元気に輝いていらっしゃるのです。

教育現場のトップが輝いているということは、

子供達にそれが伝わり、日本の未来が輝くということになると思うのです。

何だか、とても嬉しくさわやかな気持ちに包まれ、

「私も、まだまだ頑張らなくては!!」と逆に励まされた形になりました。

ももの会の皆様、本当にありがとうございました!

私もしっかり頑張ります!

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る