2014年11月12日

鬼無小学校にて鑑賞会

鬼無小学校で地域をPRする作品鑑賞会が開かれました。

子供達が西日本放送とともに取り組んできた

「メディアリテラシー」の授業です。

 

 

 

 

 

 

 

 

自分たちの作品を紹介。

 

 

 

 

 

 

 

苦労して作った作品を真剣に鑑賞。

 

 

 

 

 

 

 

鑑賞後、カメラマン、記者から総評がありました。

最初は、どうなることかと心配しました。

でも、子供達の力は、大人の想像をはるかに超えています。

各班、自由な発想で立派な作品に仕上げました。

 

 

 

 

 

 

 

写真の奥の森一生先生と清水真由美先生の指導も素晴らしかった!!

先生の情熱が子供達の作品に反映された形です。

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

子供達は、やりきった達成感に満ちていました。

私たちも、ぐっと胸にこみ上げてくる感動がありました。

最後は、誰からともなく始まった大握手会。

「これからも、お互いに頑張ろうね!!」と声を掛けました。

名残を惜しんで、一人一人と握手をして感動を分かち合いました。

モノ作りって楽しいね。

みんなで協力するって楽しいね。

苦しいこともあるけど、達成できたら感動できるね。

仲間がいるから頑張れるね。

仲間がいるから嬉しいね。

メディアのことも作ってみるとよくわかったね。

子供達の心に残ると嬉しいな。

鬼無小学校に通った4ヶ月。

大人の私たちが、子供達や先生から、大いに学んだ4ヶ月になりました。

ありがとうございました!!

11月22日には、地域の人達を招いての鑑賞会が開かれます。

 

 

 

 

 

- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る