2014年9月24日

男木小中学校で読み聞かせ

高松市沖にある男木小学校・中学校は、今年4月に再開されました。

西日本放送が行なっている「読み聞かせ」を、男木小中学校で行なうことになったのです。

島っていいね~♪

12:00の船で40分。

着きました!

まずは、男木島カフェ「TACHI」でお食事。

島の南京豆の煮物と南京豆ごはん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お味噌汁のおいしいこと!!

島で作った味噌なのだそうです。

大満足のランチでした。

「やっぱり、島っていいわ~♪」

そして、男木小中学校では、

小学1年生から中学1年生まで6人が揃っての授業。

まずは、荻野アナウンサーと私の自己紹介から。

 

 

 

 

 

 

 

担当番組を紹介すると「あ!見たことある!!」

 

 

 

 

 

 

 

(西日本放送のニュース取材の記者とカメラマンも同行。)

絵本を4冊読みました。

子ども達は、熱心に絵本を見て、お話をしっかり聴いてくれました♪

さらに・・・。

せっかくアナウンサーが来たのだから、一緒に声を出してみよう!

ということで、発声練習や早口言葉にもチャレンジしました。

 

 

 

 

 

 

 

みんな、とってもいい声が出ましたよ。

校長先生によると、男木島では、みんなが大きな声で挨拶をするのだそうです。

そういえば、島に着いた途端、港にいたおじさんが

「こんにちは~!!」と声を掛けて下さいました。

「元気な挨拶」が男木島名物なのですね。

本当に気持ちのいい島♪

子ども達との1時間。

いっぱい元気をもらって、島を後にしました。

子ども達は、恵まれた自然に育まれ、優しい島の人達に育まれ、

のびのびと成長しています。

また、いつかお邪魔しますね♪

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る