2011年7月9日

第29回東京玉翠会総会

東京玉翠会の総会が開催されました。

今年の幹事は、私の一つ下の学年でした。

実は、去年、司会をする予定が、参議院選挙の特番が発生し、

急遽、上京できなくなり、結局、司会を泣く泣く諦めたのでした・・・。

ところが、去年、後輩のT君から連絡があり、司会をしてもらえないか・・・と。

二つ返事で引き受けました。

決して、年齢のサバを読んで1学年下に紛れ込んだのではありません・・・coldsweats01

会場は、グランドプリンスホテル新高輪「飛天の間」

FNS歌謡祭や芸能人の結婚式でおなじみです。

 

 

 

 

23メートルの天井という大空間に集まったのは1千人を超える卒業生。

昭和2年卒~平成23年卒までという幅の広さ。

世代や職業を越えた、この結束と絆の固さは、驚異的です。

途中、声を掛けて下さったのは、元香川県知事の真鍋武紀さん。

すっかりスマートになられて、知事時代より数倍、イキイキしてらっしゃいました。

ストレスフリーで人生を謳歌されているという話で盛り上がりました。

会は、懐かしくて、楽しくて。

同級生は、ちっとも変わらず、それが嬉しくて。

本当に有意義な時間となりました。

閉会とともに空港に向かい、最終便に飛び乗ると会でも顔を合わせた

同級生の参議院議員の植松恵美子さんと席が隣でした。

高松に到着するまで同級生トークで盛り上がりましたsweat01

無事に高松に着き、自宅に向かう途中、

ふと、

「高校生の時、自分は将来、何をしたいと思っていたのかなぁ?」

「今、あの時思ったように生きているかなぁ?」などと考えてしまいました。

そんなこと考えたのは、久しぶりな気がします。

時間に追われて流されていたようですsweat01

それにしても、こういう会は、何よりも準備が大変です。

幹事の皆様、本当にお疲れ様でした!

そして、ありがとうございました!!

 

 


- カテゴリー:日記・エッセイ・コラムページの先頭へ戻る