2016年2月15日

やまねこ朗読会

元NHKアナウンサーで、ドラマ「半沢直樹」をはじめ、数々のナレーションを手掛けていらっしゃる山根基世さんのもとで、朗読の「基本の基」を学んできました。その成果を発表する「やまねこ朗読発表会」が東京・神楽坂で行われました。

会場は満員御礼。昨日の東京は気温も23度、そのせいばかりではなく、会場は熱気に満ち満ちていました。

朗読が上手にできる人を養成するのではない、子供たちの「ことばの力」を育てる活動を地域で展開するその核になる人を育てるという「山根基世の 朗読指導者養成講座」一期生の成果発表会。

集合写真3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青森、山梨、長野、そして高松など、全国各地から参加した一期生です。

最後に山根先生の朗読に聞き惚れ、朗読の奥の深さを感じ、よ~し、いっそう頑張るぞ!と 意気込んだ後、最後の先生の講評に、この講座も後一回を残すのみかと思うとなんだか淋しくて涙がこぼれました。

周りを見回すとみんなの目にも涙、中には号泣している人まで・・・

子どもの為の文庫を作りたいという方、絵本を作る現場にいる方、音読のボランティアを続けている方、図書館でお仕事をされている方、etc.

さまざまな立場で、地域で活動中のみなさんに圧倒されながら、朗読技術だけでなく学ぶことの多い講座でした。 この講座を受けられた幸運に感謝しています。

そして何より、魅力的な山根先生! 山根っ子の一員になれて本当に幸せです。

山根さんと一緒に1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月の最終講座の後は、打ち上げ懇親会の予定。

一期生には、その場を的確に仕切ってくれる逸材もいるのです!!

このメンバーとのつながりを大切に、ささやかでも「ことばの力」を育てる人になっていきたいと思っています。

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る