2015年7月9日

「バトンタッチ」 熊谷アナ Nディレクターお疲れ様でした

熊谷富由美アナが、弊社・西日本放送を退職しました。退職とは言っても、今後もフリーランスの語り手、作り手として、弊社の番組作りに携わるとのこと・・・ですが、それはそれとして、お世話になった者としては、やはりこの節目にお礼をしておきたい!という訳で、送別会的なランチに行って参りました。

2015

ランチには、熊谷アナとともに、やはり今月で弊社を退職するNディレクター、そして、熊谷アナが育てたと言っても過言ではない伊達アナとご一緒しました。熊谷アナとNさんは、私がまだ社会人駆け出しの頃に携わったラジオ番組「ワイド・まっぴるマン」の、制作責任者とメインパーソナリティー。平成初期、弊社ラジオに衝撃を与えた伝説の番組の、懐かしい思い出話に花が咲きました。一致した意見は「面白い事を仕掛けてナンボ」。あの番組は、私の放送人としての、言わば原点です。その番組立ち上げをご一緒した、私に多くを教えてくれた二人の退職を慰労する日が来るとは・・・

1990a

私も来年で50歳(うわぁ・・・)。そう遠くない将来、弊社を卒業する日がやってきます。その時、先輩方と同じ様に、次の世代を担う者に何かを伝承出来たら、そして放送の歴史に、何かしら足跡を残せたら、それは私にとって至上の喜びであります。熊谷さん、Nさん、お疲れ様でした。バトン、確かに受け取りました。そして今後ともよろしくお願い申し上げます。

1990b

 

・・・あ、私の場合、残すのは足跡ではなく、爪痕かもしれません(笑)


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る