2013年1月15日

ドライブレコーダーのススメ(4秒)

四国新聞(今月11日付)によりますと、車に設置し、運転中のトラブルを映像で記録する「ドライブレコーダー」の人気が高まっているということです。確かに昨今、ドライブレコーダーが記録した生々しい事故の瞬間を、テレビやインターネット上で目にする機会が、多々ありますよね。

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/economy/20130111000166

斯く言う私も、自分の車に装備しています。示談が成立しているため詳細を書き記すことは避けますが、もう10年以上前、某所で接触事故の当事者となった時、相手の虚偽申告で要らぬ苦労をした覚えがあります。あの時、このドライブレコーダーがあれば・・・と、今でも思います。

次に、→こちらの動画をご覧ください。

昨夜、高松市のさぬき浜街道からサンポートへ抜ける地下道で撮影した、ドライブレコーダーによる映像です。道路左側から交差点を右折してきたタクシーが、ショートカットして反対車線、つまり私側の車線を逆走してきました。咄嗟にハンドルを切って危機回避。もう無茶苦茶ですがな(汗)
もちろん交通事故に巻き込まれない事が一番ですが、万が一、事故に遭った時、この様な映像があなたを助けてくれるかもしれません。アメリカ政府は新車のドライブレコーダー搭載義務付を検討している程です。私の動画をご覧になり「うわっ!」と思われた方は、これを機にドライブレコーダーの設置を検討されてみてはいかがでしょうか。

(本文ステマに非ず)

- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る