合唱のススメ(高松一高合唱部定期演奏会) 「バトンタッチ」 熊谷アナ Nディレクターお疲れ様でした 「丸の内四葉(よつば)」です♪ 高松第一高校同窓会 桜紫会 “四葉”まさかのフィギュア化! <茹でろ>うどん鉢が手荷物に!<高松空港> 74式戦車@善通寺駐屯地 ゴルゴ13 香川県に!
2018年11月5日

帰ってきたラジオはアメリカン

1981年にスタートし、弊社、西日本放送ラジオでも放送していた「ラジオはアメリカン」。番組終了から20数年、このほど東京で、その番組の同窓会的イベント「帰ってきたラジオはアメリカン」が開かれ、私も一人のリスナーとして参加してきました。

 

ステージに立たれた初代パーソナリティの大橋照子さんと、二代目パーソナリティの斉藤洋美さん、そして出演者でもあった放送作家の鶴間政行さん、お三方の懐かしい、あの頃と変わらない声、ただただ懐かしかったです。また番組放送時、主に小中高校生だったリスナーの皆様も平等に年齢を重ね(笑)、まさに会場は「同窓会」でした。

 

私が番組を「欠かさず」聴いていたのは、番組スタート時の中学3年生から高校卒業までの4年間。日曜夜10時15分からの30分、大橋照子さんの声を聴いて「明日から学校か」と思う毎週でした。当時の主な投稿手段はもちろんハガキで、様々なコーナーに投稿しましたが、リスナーのネタレベルは非常に高く、ほぼ毎週ボツ・・・そんな中、視聴者が自由なネタで、何か面白い事をカセットテープに録音する「面白カセット」のコーナーに投稿し、それが採用された時は、嬉しいと言うよりも、「自分の声がラジオで流れている」という、とてもとても不思議な気持になったことを記憶しています。私の声が電波にのったのは、おそらくあれが最初で、実はこれが、後の職業選択にも強く影響しております。

 

その後、大学の4年間を経て西日本放送に入社。入社後間もなく担当していたのが日曜夜11時前のニュース。ちょっと早めにラジオスタジオに入り、原稿のチェックなど準備をしながら毎週聴いていたのが、二代目ラジアメ担当・斉藤洋美さんの声でした。時に仕事で失敗したり、悔しい思いをして気持ちが沈んだ時も、斎藤さんの声を聴いて、自分が放送という仕事に興味を抱き、大きな夢を持っていた時代を思い出し、少なからず支えとなっていました。

 

「リスナーとしての立場」と「送り手側としての立場」両方の感覚をもって聴くことの出来た、自分にとっては稀有な存在、そんな番組でもありました。

 

気が付けば私も放送人30年生。社会人としてのゴールを意識した思考に陥る時もありますが、今回のイベントで、あの頃と変わらないラジアメパーソナリティの元気なお姿を見て、あの頃の気持ち、放送に夢を抱いた気持ちを思い出しながら、「まだまだ現役、頑張ろう」と再確認した次第です。

 

大橋照子さん、斉藤洋美さん、鶴間政行さん、またイベント実行委員会の皆さん、ありがとうございました。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年6月29日

采野さんお疲れ様でした!小御門さん行ってらっしゃい!

6月。弊社、西日本放送の様々な番組で活躍した2人の同僚が、人生の大きな転機を迎えました。

采野友啓さん。1977年に西日本放送に入社し、長年アナウンサーとして活躍。特に、朝のラジオ番組「さわやかラジオ」では、「うねやん」の愛称とともに、香川県の朝の顔として多くの方に親しまれてきました。その後は様々な部署で番組を作り支える側に軸足を移し、このほど主戦場だったラジオで、会社員としての卒業の日を迎えました。その堅実・丁寧な仕事っぷり、また、語り手としても作り手としても、常に最新情報を発信し続けるという放送人としての姿勢は、後輩として、これまで学ぶ事が数多ありました。

卒業後も時間の許す限り、弊社ラジオで、ベテラン放送人として番組作りに参加する予定の采野さん。生涯現役も良いですが、「おじいちゃん」としての役割も、しっかり楽しんで下さい(笑)。

小御門千絵さん。2010年に入社し、翌年4月からはRNC ニュースeveryのキャスターに抜擢されました。その後の活躍は言うまでもなく、皆様、ご存知のこととは思われますが、このほど弊社を休職し、国際協力機構JICAの青年海外協力隊員として、東ティモールに派遣されることになりました。2年間の活動期間、現地の国営放送で番組作りに携わるということです。

現在、私(日野)は、RNCニュースeveryの放送ディレクターを兼ねていて、スタジオ副調整室で陣頭指揮をとっていますが、とにかく小御門さんは一騎当千。追い詰められた状態でも、この人なら何とかしてくれるという安心感。2~3説明すれば10理解してくれる頭の回転の速さ。その語り手としての瞬発力の高さは、弊社歴代随一と言っても過言ではありません。そんな頼りになる彼女の旅立ち、戦力面ではとにかく「痛い」の一言ですが、それでも、崇高な使命を果たそうとする、その志に最大級の賛辞を送りつつ、笑顔で見送りたいと思います。

小御門さん、行ってらっしゃい!

 

 

 

帰ってきてね(´・ω・`)


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年3月31日

お花見ダブルヘッダー

満開の桜の花を求めて、亀鶴公園(さぬき市)と公渕森林公園(高松市)へ。春ですね!

亀鶴公園の桜並木

公渕森林公園 桜とチューリップの競演


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年2月13日

休日ドライブ@呉市

広島県呉市まで往復400kmの休日ドライブ。港町珈琲店のカレー美味しかったです(^o^)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年2月4日

雪がどうして白いか(以下略)

4日、雪の高松空港。香川県とは思えない景色でした。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2018年1月9日

30年目の社会人生活

皆様、年末年始はいかがお過ごしでしたか。私は社会人生活初の暦通りのお休みを頂戴し、ミカンとお酒常備のこたつでテレビとゲーム三昧でした。初夢は、録音に失敗したコマーシャル音声を誤って放送され、それを聴いて慌てて局に電話するという、とてもリアルな事故の夢で散々でしたが、おみくじは大吉でしたから、まあ差し引きゼロということにしておきましょう・・・。

平成元年から始まった私の社会人生活も、気が付けば30年目。その平成の元号も来年には新たな元号に変わろうとしております・・・・。皆様、今年もよろしくお願い申し上げます。

お気に入りの正月用にゃんこぐい呑み


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2017年5月11日

蔵出し画像

秘密のフォルダに保存していた画像を、本日蔵出し。この春、弊社、西日本放送に仲間入りした3人のアナウンサーの、入社直後の姿です。

テレビをご覧の皆様は、既にお気付きの事と思いますが、新人3人は各々研鑽を積み、厳しい訓練を乗り越えて、逐次、テレビニュースデビューを果たしております。

私は例年通り、陰ながら独り立ちのお手伝い役。石井、松田、村上、後は転びながら自力で歩き方を覚えて、どうか大きく羽ばたいておくれ。おっちゃんを踏み台にして(笑)

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2016年12月4日

護衛艦くらま 引退前の再会

海上自衛隊の護衛艦くらま(DDH-144)がサンポート高松に接岸し、12月3日、4日の2日間、一般公開されました。見学に訪れた人達で長蛇の列が出来るほどの人気ぶりでした。

ddh144

くらまが就役したのは1981年。1番艦の護衛艦しらね(DDH-143)の就役は、その前年。当時、中高校生だった私は、(当時の)最新鋭ヘリコプター搭載護衛艦を、どうしてもこの目で見たいとの気持ちを抑えられず、横須賀や佐世保に足を運び、念願の対面を果たしました。その後、今日に至るまで数多の海自の艦艇を目にしてきましたが、何故かこの両艦を目にする機会は無く、まさか今回、30数年ぶりに地元で再会出来るとは思いませんでした。昨年進水し、現在艤装中の航空母艦加賀・・・もとい「護衛艦かが」が来春就役するのにあわせて、くらまは除籍される予定です。また、しらねは既に除籍、新型対艦ミサイルの標的艦が最期の役目となりました。

sayonarakurama

引退前に会えて嬉しかったよ、くらま。


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2016年11月21日

高松第一高校同窓会 桜紫会

過日、高松市内で開かれました、高松第一高等学校の全学年同窓会・桜紫会、会員の集いに参加しました。毎年、50歳を迎える学年、つまり今年は私の代が幹事を務めていることもあり、今回は司会を承りました。最年長の戦前卒から、最年少の平成24年卒まで、世代を超えて集まった271人。西鉄ライオンズの黄金期を支えた偉大なる先輩、中西太さんの講演。そして、中央球場や香川県営野球場に響いた応援歌「一高のファイト」も披露され、会場の空気は、高松一高の自由闊達な雰囲気そのものでした。

桜紫会2016

会場では私も多くの先輩、後輩と再会しました。私の高1の時の担任の先生は、御年80歳。また、私が在学中に赴任して来られた先生方は、今では校長、教頭としてご活躍です。

oc3

そして、先輩後輩の中で西日本放送での関係者と言えば、この方!かつてRNCラジオで番組をご一緒し、今では婚活アドバイザーとしても活躍中の、脇光雄さんです。笑福亭小つるさん(現・枝鶴)とともに、弊社ラジオで大暴れ、もとい、頑張っていた、この業界での先輩は、私の高校の先輩でもあります。久々の再会でありました。またご一緒に、面白い事を仕掛けたいものです。

oc2

 


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る

2016年6月26日

「イギリスEU離脱」で思う事

ドイツマルクとかフランスフランとか、イタリアリラとか、記念のつもりで自宅に保存していたユーロ統合前の硬貨を引っ張り出してきました。イギリスが国民投票でEU離脱を決めた事で、「欧州各国で離脱の連鎖が起きる懸念」を伝えるニュースを目にしますが、結果、万が一これら旧通貨が日の目を見る時が来る様な事があったら、それはそれで怖いなあと思いながら、過去の旅の記憶を反芻しているところであります。

フランとかマルクとかリラとか


- カテゴリー:ブログページの先頭へ戻る